部会長所信

一般社団法人神奈川県トラック協会 青年部会

2022年度 部会長 藤井康顕

syasinn.jpg 

部会長所信  『行動こそ真実』

 2022年度部会長就任に当たり、青年部会設立以来熱い情熱を持って築きあげて頂いた諸先輩方に深く感謝申し上げます。

この度、第31代の部会長として新たな歴史を創るべく、大きな志と覚悟を持って以下に事業計画及び職掌分担を表明させて頂きます。

2022年度の活動テーマは、『行動こそ真実』といたします。

この2年間余りは新型コロナウイルスの影響により多くの活動制限がありましたが、我々神奈川県トラック協会青年部会は大きなチャレンジ精神で多くの新しい試みをおこなってきました。

その結果、WEBを使用した会議や研修会、SNSを活用した情報発信、感染対策を施した事業創りといった、『行動』をしたからこその成果が多くありました。外部環境や社会情勢に対して受け身でただ流されるのではなく、頭と体を使い知恵と工夫と創造で自ら『行動』をして新しい形の事業を全国のトラック協会青年団体の中でも先頭に立って活動をしてきたと感じております。

そして、その『行動』をした人だけが得る事のできる、新しい気づきや学び、経験値や反省、結果や成果が多くありました。人生最大の後悔は、『失敗を恐れて行動をしない事』だと言われているくらい、『行動こそ真実』と私は考えています。

頭で考えてはいるけど失敗を恐れて行動をしない事や、行動しない事を正論づけて無意識に安全圏を求めてしまうといった事は皆さんも少なからず経験をしているのではないでしょうか。人間誰でも変化を恐れ身構えるのは正常の反応ではありますが、そこには現状維持といった事実上の衰退という結果しか生まれません。

『行動』する事はとても勇気が必要でありそこには時間も体力も使います。しかしながらそこには行動をしたから得られることのできる経験があり、共にした仲間達との絆が生まれます。そしてそれが青年部会の価値であり、皆さんの企業経営に役に立つものであると確信をしております。青年部会の皆さん、2022年度は失敗を恐れず是非一緒に多くの『行動』をして多くの経験をしていきましょう。

さて、2022年度青年部会の事業計画は大きく5つです。

  • 青年部会員の経営能力向上及び管理監督能力強化の為の研修や交流の実施
  • 青年部会員の資質向上及び公共的使命達成の為の社会貢献活動の実施
  • 全ト協・関ト協の青年経営者団体との交流を通じて諸課題の共有と解決への模索
  • 青年部会員に機会の提供を通じて部会の永続的な継承及び事業の進化と深化
  • 青年部会員相互の親睦を深め広報や部会活動の活性化による部会員の拡大

 上記の事業計画を達成すべく2022年度は7委員会編成とし、多くの部会員に活動への理解と機会の提供ができるように準備をしております。

この青年部会は経験年数ではありません。

入会歴が浅くても想いを持って『行動』する事ができる方であれば必ず多くを得る事ができる環境が整っておりその仲間が沢山いますので、是非積極的な事業への参加と更に新しい事業を一緒に創っていきましょう。

最後になりますが、私が常々感じている事は、『何を学ぶかではなく、誰と学ぶか』です。言い換えると、『何を取り組むかより、誰と取り組むかが大切』という事になります。この事業計画は青年部会の活動計画であると同時に、目的達成の手段であります。その目的とは健全な業界の発展であり、より良い企業経営であり、我々が社会に対して模範となるような立派な人間になる事ではないでしょうか。

人は人によってしか磨かれません。志の高い仲間と一緒に行動する事でそこに刺激が生まれて自分を磨く事ができます。私が先頭に立って、体を動かして汗をかき、頭をフル回転させて脳ミソを使い、誠心誠意努力し部会運営をして参ります。

皆様方とは摩擦を恐れずに健全に切磋琢磨をし、一緒に『行動』し、考え、悩み、笑い、涙を流せるような一年にして参ります。何卒ご理解、ご協力、ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げ部会長所信とさせて頂きます。

2022年4月1日

一般社団法人神奈川県トラック協会 青年部会

2022年度部会長 藤井 康顕