令和4年度 アイドリングストップ支援機器等導入促進助成事業

助成対象事業者

会費を滞納していない会員事業者を対象とする。
また、令和4年度中に新規入会した事業者にあっては、入会日以降に導入した機器を助成対象とする。

 

助成対象機器並びに助成交付額

トラックドライバーが休憩や荷待ち等におけるエンジン停止時に相当時間連続して使用可能なトラック用に開発された車載用冷暖房用機器で、次に掲げるもの。

対象機器 助成額/枚・台 1社当たりの上限枚・台数 備考
(1)蓄熱マット 対象経費の1/2
上限10,000円
会費請求台数
(被牽引車を除く)
上限15枚まで
参考商品
(2)蓄冷クーラー 対象経費の1/2
上限40,000円

会費請求台数
(被牽引車を除く)
上限各5台まで

(3)冷蔵・冷凍車向け後付スタンバイ装置
(4)エアヒーター 対象経費の1/2
上限60,000円
会費請求台数
(被牽引車を除く)
上限各3台まで
全ト協指定機器
(5)車載バッテリー式冷房装置

※1台あたりの助成額に千円未満の端数が生じた場合は切り捨てるものとする。

※(4)(5)については、令和4年3月1日~3月31日に導入したものについては神ト協予算。令和4年4月1日~令和5年2月28日に導入したものについては全ト協予算にて対応する事とする。

 

助成対象経費

機器(中古品を除く)の装着・購入に係る費用(機器本体・付属部品・取付費用の合計)
仕入れ控除の対象となる消費税及び地方消費税は助成対象としない。

 

助成対象期間(機器導入期間)

令和4年3月1日~令和5年2月28日までにアイドリングストップ支援機器等を装着・購入し、支払いが終了したもの、又は、リースの場合はリース開始日、割賦購入の場合は支払い開始日が該当するもの。
※上記2の(4)(5)については令和4年3月1日~令和4年3月31日に導入したもの、国からの補助金が交付された機器に対しては全ト協の助成の対象となりません。

 

申請受付期間

令和4年6月1日~令和5年2月28日必着まで

※上記期間内であっても、予算に達した場合は予告なく終了します。

 

申請方法  

助成金を受けようとする会員事業者は機器装着・購入後に「アイドリングストップ支援機器等導入促進助成金申請・請求書」に添付書類を添えて、神ト協に提出する。

 

提出書類

  1. アイドリングストップ支援機器等導入促進助成金実績申請・請求書
  2. アイドリングストップ支援機器等導入促進助成金内訳表
  3. 装着した車両の車検証の写し(台数分・有効期限内のもの)
    ※蓄熱マット導入の場合を除く
  4. 請求書及び領収書の写し(機器の価格が確認できるもの)

※新車導入の場合は、(4)の代わりに、車両に係る請求書と領収証(リース契約・割賦購入契約の場合は機器の取付けと価格が確認出来る見積書、契約書、物件受領書)を添付する。

 

注意事項

詳細は「アイドリングストップ支援機器等導入促進助成事業実施要綱」に記載されておりますので、必ず参照して下さい。

※国の補助金の交付が決定しているもの、令和4年3月1日~令和4年3月31日に導入したものついては、全ト協助成金の交付は行いませんのでご注意下さい。

 

所定様式ダウンロード

令和4年度 アイドリングストップ支援機器等導入促進助成金申請・請求書 PDF Word
令和4年度 アイドリングストップ支援機器等導入促進助成内訳表 PDF Excel
アイドリングストップ支援機器等導入促進助成金交付要綱 PDF

【注】Word・Excelのファイルが開かない場合には、デスクトップ等に保存した後、ファイルを開いてください。

 


【問合せ先及び提出先】
〒222-8510
神奈川県横浜市港北区新横浜2-11-1
一般社団法人 神奈川県トラック協会 事業部 交通環境課
TEL:045-471-8882
FAX:045-471-9055