トピックス

平成30年上半期の交通事故情勢を踏まえた夏の交通事故防止運動の取組について

平成30年7月12日(木)

    当協会では、「トラック事業における総合安全プラン2020」を策定し、県内の交通事故死者数及び事故件数の削減を目的とした数値目標を掲げ、各種施策を積極的に推進しておりますが、今年上半期の県内の交通事故情勢につきまして、死者数が増加しており特に高齢者や二輪車が関係する死亡事故が多く、予断を許さない状況にあります。

    このため、神奈川県警察本部より下記のとおり注意喚起がされましたのでお知らせいたします。つきましては、会員事業者の皆様におかれましては、引き続き運行管理の確実な実施、社内の安全意識の徹底等事業用トラックの輸送の安全確保に万全を期されるよう、ドライバーの皆様に向けた注意喚起をお願い致します。 

注意喚起用チラシもご活用下さい。

                                                                                                    神交総発第393号
                                                                                                    平成30年7月3日
一般社団法人
神奈川県トラック協会
会長吉田修一様                                                                           

                                                                                                     神奈川県警察本部
                                                                                                     交通部長西方昭典

平成30年上半期の交通事故情勢を踏まえた夏の交通事故防止運動への取組について(依頼)

   日ごろから、警察行政各般にわたり、温かい御理解と御協力を賜り、厚く
お礼申し上げます。
  さて、本年上半期の交通事故情勢につきまして、昨年17年ぶりに増加に転
じた人身交通事故の発生件数及び負傷者数は、皆様の御協力をいただいたお
かげにより、昨年同期と比較して大幅に減少させるという成果を上げること
ができました。
   しかしながら、死者数は昨年より4人多い71人となり
     ・年齢別で見ると、高齢者が30人
     ・状態別で見ると、二輪車乗車中が24人
の方が亡くなっている状況であります。
   特に、5月と6月は二輪車乗車中の死者数が12人と急増している状況であ
ります。
   暑い日が続く中、今月11日からは「夏の交通事故防止運動」が始まります。
県警察では、運動期間中5つの運動重点のほか、二輪車事故防止対策につい
ても強力に推進していくこととしております。
   つきましては、貴会におかれましても県警察の対策の推進に御理解をいた
だき、二輪車に対する取組も強化していただきますようお願いいたします。

担当交通総務課事故対策係・安全係045-211-1212