トピックス

神奈川工業高等学校において物流出前授業を実施しました

平成28年8月 2日(火)

 経営改善委員会の事業計画に基づき、7月21日(木)県立神奈川工業高等学校において、トラック運送業界に興味をもってもらうことを目的とした体験型の物流出前授業を実施しました。
 当日は、雨の中、全日制機械科2年生75名の生徒を対象に実施され、藤木担当副会長より「トラック運送は皆様の衣類や食べ物といったあらゆる物を運んでおり、社会に大いに貢献している」と挨拶がされた後、飯沼委員長より「トラック運送業界に少しでも興味を持って頂きたい。始めの就職の際でなくとも、セカンド・サードチャンスの際に本日の体験を思い出して頂きたい」旨の話がされ、業界の説明がされました。
 次いで、大型バルクローリー・大型タンクローリー・トラクターヘッド・キャリアカー・中型ウイング車・中型平ボディの計6台のトラック運転席に試乗。運転席では各社の社長やドライバーよりトラックの性能や仕事についての説明を受け、参加した生徒たちは熱心にトラックドライバーの仕事内容やトラックの構造について質問をしておりました。
 また、同日、同校の定時制機械科3年生35名を対象に同様の授業を実施しました。